表示件数

研究室一覧

[135件中 1 - 10件表示]

京都大学 工学研究科
平尾研
材料光学

住所 京都府 京都市西京区 A3-120工学研究科 材料化学専攻無機構造化学分野 平尾研究室
研究内容
無機固体材料を中心として、原子・分子オーダーからミクロン領域に至る微細構造を 多次元的に構築する技術を確立し、化学的、電気的、光学的性質を制御することで 新素材の開発やグリーンイノベーションへの貢献を目指して研究を行っています。
産業技術総合研究所 レーザー精密プロセスグループ
情報光学

住所 茨城県 つくば市 梅園1-1-1 つくば中央第2
研究内容
世代光情報通信技術や高精度計測、高品質加工等を支えるキーテクノロジーとして、超短光パルスの技術開発が不可欠となっている。当グループでは、近赤外から軟X線波長領域における超短パルス光発生、sub-fs精度のタイミング・光波位相制御と計測の技術等を開発し、光波合成による新しいスキームの超短パルス光源「光ファンクションジェネレータ」を実現すること、また新しい光源技術の有効性を示すことを目標としている
京都大学 理学研究科
光物質研究室(田中研)
光学新領域

住所 京都府 京都市左京区 北白川追分町京都大学大学院理学研究科物理学第一教室 光物性研究室 北部キャンパス構内の5号館1階
研究内容
テラヘルツ波などの新しい光源や超高速レーザーをもちいた新しい分光法を開発、駆使して、固体、液体などの凝縮状態の基底状態や励起状態、光エネルギーの変換過程を解明する。また、光と物質の相互作用を利用して新奇な物性を導く手法やそれに適した物質群の研究もおこなっている。
 現在進行中の研究プロジェクトは大きく分けて以下の5つである。
・光誘起相転移現象の解明
・超短パルスレーザーを用いた超高速過渡現象
・テラヘルツ放射をもちいた新分光法の開拓
・強誘電体や強磁性体の相転移現象を解明するための新しいレーザー分光法の開拓
・パルス磁気共鳴法による機能性発光材料の研究
・半導体における励起状態の量子現象
龍谷大学 理工学部 電子情報学科
機器・デバイス光学

住所 京都府 京都市伏見区 深草塚本町67
研究内容
研究テーマ:原子・分子デバイス構築に向けた微細材料の研究開発
産業技術総合研究所
ナノシステム研究部門
近接場光学

住所 茨城県 つくば市 東1-1-1中央第5
研究内容
私たちは未来へと向かう時間の流れにのった3次元空間で日々の生活を営んでいます。 その空間次元の少なくとも1 つがナノメートルのオーダーの世界を想像してみてくだ さい。ナノテクノロジーはこのような世界を対象とする科学技術です。過去10 年超の 国際的なブームを経てナノテクノロジーはいま熟成期へと向かいつつあります。ナノ システム研究部門はナノテクノロジーと計算科学を両翼とし、幅広い分野をカバーす る専門家100 名超を擁する基幹ユニットです。2010 年の発足以来、理論、計算・シミュ レーション、および計測技術との連携のもと、ナノ粒子技術やプロセス革新による新 規機能性材料およびデバイス・システムの開発などを進めています。また、モーター や電源、制御用電子回路を必要としないアクチュエーターやセンサーを内蔵した「や わらかいロボット」や、未利用熱の利用技術の開発も始めています。今後は、やわら かくかつ人や環境にやさしいデバイス・システムの研究開発を推し進め、従来の軽薄 短小に変わる「軽薄安柔」という概念に基づいたナノシステムを開拓してゆきます。
北里大学 理学部物理学科
フォトニクス研究所
生体・医用工学

住所 神奈川県 相模原市南区 北里1-15-1
研究内容
フォトニクス技術を駆使して新しい観測方法を開発すると共に、フォトクロミズム・偏光分析等の観測技術を組合せ、生命活動のメカニズムを解明していきます。
東京大学 東京大学大学院情報理工学系研究科
三尾研究室
計測光学

住所 東京都 文京区 本郷7-3-1
研究内容
千葉大学 環境リモートセンシング研究センター
久世宏明研究室
計測光学

住所 千葉県 千葉市稲毛区 弥生町1-33
研究内容
本研究室ではライダー機器の開発及びそれらを用いた観測や、 人工衛星画像の大気補正について研究しています。
独立行政法人理化学研究所 基幹研究所
佐甲細胞情報研究室
生体・医用工学

住所 埼玉県 和光市 広沢2-1 生物科学研究棟3F S-356
研究内容
私達が現在主要な研究対象としているのは、RTK-Ras-MAPKシステムと呼ばれる一群の細胞内情報処理蛋白質反応ネットワークです。このシステムは、ほとんど同一の反応ネットワークを利用して、細胞増殖・増殖抑制・分化・アポトーシス・癌化といった異なる運命を細胞にもたらします。この情報処理ネットワークは細胞極性の形成や細胞運動の方向決定にも利用されています。
九州大学 量子プロセス理工学専攻
光エレクトロニクス(浜本・堤井)研究室
物理光学・光学基礎

住所 福岡県 春日市 春日公園6-1総合理工学研究院D棟3階E321室
研究内容
光集積素子、半導体レーザーなどの光デバイスを中心に研究を行っています。