大阪大学 生命機能研究科
ナノバイオフォトニクス研究室

井上 康志 教授
近接場光学

私たちは、ナノテクノロジーとバイオロジー、さらにフォトニクスを融合したナノバイオフォトニクスと呼ぶべき分野の研究を行っています。走査プローブ技術に代表されるナノテクノロジー、種々の分光法や局在表面プラズモンなどのフォトニクスを駆使し、生体分子やDNAを超高感度かつナノ空間分解能でセンシングするテクノロジーとバイオロジー研究への展開を図っています。これまでの成果としては、近接場光学顕微鏡法によるナノ・イメージングシステムの提案・開発とその生体分子イメージングへの応用、高速走査ラマン散乱顕微鏡の開発、表面増強ラマン散乱 (SERS) による細胞内の分子ダイナミクスの観察等があります。ナノテクノロジーとフォトニクスの融合技術はこれまでに生態系へほとんど適用されておらず、今後、生命機能研究に大きく貢献することが期待されます。私たちは未踏の高大な研究領域の広がりを感じています。

アクセス

Web
住所 〒565-0871
大阪府 吹田市
山田丘1-3