表示件数

新潟県の研究室一覧

[4件中 1 - 4件表示]

新潟大学 工学部機能材料工学科
佐々木研究室
計測光学

住所 新潟県 新潟市西区 五十嵐2の町8050
研究内容
私たちは,原子レベルのミクロな世界で見られる「分身の術」(量子力学の重ね合わせ)を利用して,超高速計算を行う次世代の「量子コンピュター」の開発に挑んでいます。
長岡技科大学 工学部 電気系 電子デバイス・光波エレクトロニクス工学講座
小野研究室
情報光学

住所 新潟県 長岡市 上富岡町1603-1
研究内容
高度な有機光機能性材料の開発技術と光学設計技術を生かし、複合機能光デバイスの開発を目指します。
長岡技科大学 工学部電気系
塩田研究室
計測光学

住所 新潟県 長岡市 上富岡町 1603-1
研究内容
レーザー(コヒーレント)光は、日常的な光とは本質的に異なり、極めて緻密にかつダイナミックに振る舞う。緻密な波(波長1ミクロン)としての性質を利用してその位相情報を調べると物体の位置を高精度に検出することや高分解能な分光情報をえることができる。また、振幅を非常に大きくして、物質と相互作用させると非線形領域に達し空間選択的になるなど応用が格段に広がる。近年、半導体レーザーと光エレクトロニクスの発展に伴い光源の高性能化かつ多様化が進み、光情報通信、医用、製造検査などの産業用途に広く応用されつつある。
本研究は、本研究室で初めて開発された光位相スペクトルや振幅スペクトルの新規計測方法の実証試験を進め、その応用システムを開発する。具体的には、超高速信号(パルス)波形の観測や光学材料が有す光分散計測、位置情報取得等のなど広い応用分野へ展開するための研究を進めている。さらに、高速な3次元形状計測システムの開発、高分解能非線形分光法等の最先端光計測システムの開発を行っている。最終的にはこれらの技術を融合して、物質の光化学反応や高速応答現象の解析ツールへと展開したい。
新潟大学 工学部
金子・加藤・新保・馬場研究室
材料光学

住所 新潟県 新潟市西区 五十嵐2の町8050番地
研究内容
有機分子・バイオ分子・有機無機複合材料を用いた電子デバイス、近接場光や走査プローブ顕微鏡を使ったナノ構造評価・加工などをテーマとして活動しています。
有機分子・バイオ分子・有機無機複合材料を用いた電子デバイス、近接場光や走査プローブ顕微鏡を使ったナノ構造評価・加工などをテーマとして活動しています。