表示件数

研究室一覧

[135件中 11 - 20件表示]

独立行政法人理化学研究所 基幹研究所
佐甲細胞情報研究室
生体・医用工学

住所 埼玉県 和光市 広沢2-1 生物科学研究棟3F S-356
研究内容
私達が現在主要な研究対象としているのは、RTK-Ras-MAPKシステムと呼ばれる一群の細胞内情報処理蛋白質反応ネットワークです。このシステムは、ほとんど同一の反応ネットワークを利用して、細胞増殖・増殖抑制・分化・アポトーシス・癌化といった異なる運命を細胞にもたらします。この情報処理ネットワークは細胞極性の形成や細胞運動の方向決定にも利用されています。
東京農工大学 光・量子イメージング技術研究グループ
光・量子イメージング技術研究グループ
計測光学

住所 茨城県 つくば市 梅園1-1-1 つくば中央第2
研究内容
光・量子ビーム源の開発及び高感度検出技術の開発など先 端的な計測・分析機器に関する研究開発により、高度医療診断、次世代材料の探索等を進めています。特に病院・産業の現場等のサイトに導入できる小型加速器 を用いた光源の開発を進め、新たな材料分析技術の研究を行います。
秋田大学 工学資源学部電気電子工学科
光デバイス研究室
機器・デバイス光学

住所 秋田県 秋田市 手形学園町1-1
研究内容
私たちの研究室では21世紀を支える基盤技術の一つである光応用工学、フォトニクスを含む極めて多岐にわたる研究を行っています。
京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
光情報工学研究分野(裏&粟辻研究室)
機器・デバイス光学

住所 京都府 京都市左京区 松ヶ崎橋上町
研究内容
波長多重光接続パッケージ内超高性能システム集積/共振器集積導波路グレーティングと応用
神戸大学 分子フォトサイエンス研究センター
和田研究室
機器・デバイス光学

住所 兵庫県 神戸市灘区 六甲台町1-1 神戸大学自然科学研究棟4号館305号室
研究内容
超短パルスレーザーという道具を駆使して,分子の励起状態や化学反応を理解・制御していきたいと考えています。
東北大学 大学院理学研究科
天文学教室
機器・デバイス光学

住所 宮城県 仙台市青葉区 片平二丁目1-1
研究内容
可視赤外線の波長域での観測を通して 銀河の形成・進化の歴史を明らかにしようとしています。 特に「銀河と超巨大ブラックホールの共進化」が現在の 注目トピックとなっています。銀河系の周りにある銀河 を見るとその中心には太陽の質量の100万倍から10 億倍の質量をもつ超巨大ブラックホールが存在していま す。さらにその質量は銀河の質量と相関があり、銀河と 超巨大ブラックホールが何らかの物理的なつながりを 持って「共に進化した」と考えられています。銀河の中 心にある「小さな」ブラックホールが銀河全体の「大き な」構造の形成・進化に影響を与えるつながりは大きな 謎になっています。我々はハワイのマウナケア山頂にあ るすばる望遠鏡の広視野カメラ、赤外線カメラ、そして 多天体分光器を用いて銀河や超巨大ブラックホールの宇 宙論的進化を観測的に明らかにしようとしています (詳しくは Webサイトから )。
東京大学 総合文化研究科
小宮山研究室
近接場光学

住所 東京都 目黒区 駒場3-8-1 16号館622号室
研究内容
半導体デバイスにおける量子現象の基礎研究および、それを応用した世界最高感度のテラヘルツ・フォトン顕微鏡を開発しています。
長岡技科大学 工学部 電気系 電子デバイス・光波エレクトロニクス工学講座
小野研究室
情報光学

住所 新潟県 長岡市 上富岡町1603-1
研究内容
高度な有機光機能性材料の開発技術と光学設計技術を生かし、複合機能光デバイスの開発を目指します。
兵庫県立大学 大学院工学研究科 物質系工学専攻
川月研究室
情報光学

住所 兵庫県 姫路市 書写 2167
研究内容
有機化学・光化学・高分子化学をベースにして、機能性高分子化学の基本的事項を理解した上で、分子設計・合成化学技術を習得し、化学工業界のどのような分野にも通用する人材を育成します。
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科
情報機能素子科学研究室
機器・デバイス光学

住所 奈良県 生駒市 高山町8916-5
研究内容
研究領域は、ディスプレイや超LSIといった次世代情報機能素子です。
シリコン半導体を中心に、無機材料、有機材料、生体超分子など新しい材料を導入して、今までに無かった初めての素子を作ります。