表示件数

研究室一覧

[135件中 51 - 60件表示]

独立行政法人理化学研究所
緑川レーザー物理工学研究室
生体・医用工学

住所 埼玉県 和光市 広沢2-1
研究内容
レーザー性能の向上とその周辺技術の発展は、 常に新しい物理領域や工学応用を開拓してきた。特に、近年の超短パルスレーザーの発生及び増幅技術の進歩は目覚ましく、高強度光電場と物質の相互作用に関 する研究が注目されている。当研究室では、この超短パルス高強度レーザーに関する技術の開発とその物質との相互作用の研究を基礎として、高次高調波による コヒーレント軟X線光源に関する研究を中心に、サブフェムト秒パルスの発生や新しい非線形光学現象の探索と解明に関する研究等を行っている。一方、フェム ト秒パルスレーザーによるマイクロ分析チップの作成や極短波長レーザーなどの新レーザー光源を利用した難加工材料や光学材料の新しいプロセシング技術も開 発している。
神戸大学 工学研究科
藤井グループ
近接場光学

住所 兵庫県 神戸市灘区 六甲台町1-1
研究内容
当メゾスコピック材料学研究室では、半導体、金属、誘電体を問わず多様な物質について、様々な機能を持つナノ構造を開発しています。さらに、作製したナノ構造に発現する新奇な光学的、電気的特性の解明を行う共に、それらの特性を利用した新機能性材料や光デバイスの提案を行っています。
大阪府立大学 電子物理工学科
量子・光デバイス光学研究グループ
計測光学

住所 大阪府 堺市中区 学園町1-1
研究内容
光・超音波相互作用を利用した断層画像測定
新潟大学 工学部
金子・加藤・新保・馬場研究室
材料光学

住所 新潟県 新潟市西区 五十嵐2の町8050番地
研究内容
有機分子・バイオ分子・有機無機複合材料を用いた電子デバイス、近接場光や走査プローブ顕微鏡を使ったナノ構造評価・加工などをテーマとして活動しています。
有機分子・バイオ分子・有機無機複合材料を用いた電子デバイス、近接場光や走査プローブ顕微鏡を使ったナノ構造評価・加工などをテーマとして活動しています。
筑波大学 大学院システム情報工学研究科
音響システム研究室
生体・医用工学

住所 茨城県 つくば市 天王台1-1-1
研究内容
光や音と自然・人間・芸術・食・人工物等とのインタラクションを利用して安心・安全・快適・豊かさ等を追求する研究を行います
東京大学 生産技術研究所
黒田・志村研究室
材料光学

住所 東京都 目黒区 駒場4-6-1 生産技術研究所 C棟3階Ce303号室
研究内容
京都大学 工学研究科 電気工学専攻
野田研究室
材料光学

住所 京都府 京都市西京区 桂キャンパスA1棟330室
研究内容
21世紀は,光の時代といわれています.無尽蔵にある太陽エネルギーの利用,光の超高速性を活かした新しい通信・情報処理,超高効率発光デバイス・固体照明,さらには量子情報処理にいたるまで,光が担う役割はますます重要となっています.

本研究室では,このような21世紀を切り開く,”光(フォトン)”を自由自在に操ることを目的として,「フォトニック結晶」「フォトニックナノ構造」をキーワードに,その物理的基礎から応用までを研究しています.これにより,次世代エネルギー,環境,情報・通信に寄与するとともに,次世代を支える優れた人材の育成を行うことを目指しています."
情報通信研究機構 テラヘルツプロジェクト
計測光学

住所 東京都 小金井市 貫井北町4-2-1
研究内容
独立行政法人 物質・材料研究機構
NIMS微細加工プラットフォーム
近接場光学

住所 茨城県 つくば市 千現1-2-1
研究内容
大阪大学 生命機能研究科
ナノバイオフォトニクス研究室
近接場光学

住所 大阪府 吹田市 山田丘1-3
研究内容
私たちは、ナノテクノロジーとバイオロジー、さらにフォトニクスを融合したナノバイオフォトニクスと呼ぶべき分野の研究を行っています。走査プローブ技術に代表されるナノテクノロジー、種々の分光法や局在表面プラズモンなどのフォトニクスを駆使し、生体分子やDNAを超高感度かつナノ空間分解能でセンシングするテクノロジーとバイオロジー研究への展開を図っています。これまでの成果としては、近接場光学顕微鏡法によるナノ・イメージングシステムの提案・開発とその生体分子イメージングへの応用、高速走査ラマン散乱顕微鏡の開発、表面増強ラマン散乱 (SERS) による細胞内の分子ダイナミクスの観察等があります。ナノテクノロジーとフォトニクスの融合技術はこれまでに生態系へほとんど適用されておらず、今後、生命機能研究に大きく貢献することが期待されます。私たちは未踏の高大な研究領域の広がりを感じています。