表示件数

研究室一覧

[135件中 61 - 70件表示]

大阪市立大学 工学研究科電子情報系専攻
光電子工学研究室
情報光学

住所 大阪府 大阪市住吉区 杉本3-3-138工学部B棟414号室
研究内容
体積走査法を用いた3次元立体表示に関する研究、レーザースペックルを用いた振動計測と鼓膜への応用、ずらしレンズ配列型CMOS複眼撮像装置を用いた高速3次元計測傾斜面走査による三次元形状計測
電気通信大学 情報理工学研究科
富田研究室
材料光学

住所 東京都 調布市 調布ヶ丘1-5-1
研究内容
フォトリフラクティブ強誘電体LiNbO3(ニオブ酸リチュウム)結晶を用いた2光子ホログラフィー(参照論文)
ナノ微粒子分散フォトポリマーを用いたホログラフィック光記録とナノ光制御表面安定化強誘電性液晶と光伝導性高分子の非線形光学効果
静岡大学 工学部機械工学科
川田研究室
生体・医用工学

住所 静岡県 浜松市中区 城北3-5-1
研究内容
 本研究では、記録媒体内部に3次元的な周期構造を有する3次元パターンド記録媒体を作製し、その記録媒体にデータを記録・再生することによって光波を制御し、高コントラスト再生・高密度記録可能な多層光メモリを実現することを目指す。
大阪電気通信大学 同情報通信工学部情報工学科
来海研究室
計測光学

住所 大阪府 寝屋川市 初町18-8
研究内容
時間相関イメージセンサを用いた実時間画像センシング
財団法人神奈川科学技術アカデミー
無機科学ナノ材料研究グループ
近接場光学

住所 兵庫県 神戸市中央区 港島南町7-1-20
研究内容
電気化学、ナノ材料化学および無機光化学等の学問分野を基礎に、マイクロ・ナノエレクトロニクス材料の構築に関する下記の研究テーマに取り組んでいます。
京都大学 工学研究科
田中研究室
近接場光学

住所 京都府 京都市西京区 京都大学桂 京都大学 工学研究科 材料化学専攻Aクラスター3棟 017~023
研究内容
当研究室では、このような趨勢を十分に認識して、機能性無機材料への応用を考慮しながら無機固体化学の基礎を研究することを目的としています。すなわち、新しい無機固体物質の物性の理解と合成方法の考案が研究対象であり、特に、スピンエレクトロニクス、磁気光学、非線形光学といった分野で応用が可能な無機固体の探索を行います。
大阪大学 大学院基礎工学研究科
荒木研究室
計測光学

住所 大阪府 豊中市 待兼山町 1-3基礎工学部・基礎工学研究科(豊中キャンパス) A棟4階A442号室
研究内容
光を使って生体を測る
広島大学 先端物質科学研究科量子物質科学専攻量子機能材料学
量子機能材料科学居研究室
近接場光学

住所 広島県 東広島市 鏡山1-3-1
研究内容
(1)表面構造の原子制御・解析
・半導体表面の原子制御とナノスケールパターンの形成(坂上・高萩)
・固体表面における原子・分子構造と相互作用の観察と制御(高萩)

(2)高機能デバイス形成のためのナノプロセス開発
・低誘電率ポーラスダイヤモンド薄膜の形成と配線構造への応用(坂上)
・ナノ構造を用いたDNAなどの繊維状分子の分析技術の研究(鈴木)
・有機分子の単一分子操作技術、自己組織化構造の研究(鈴木)

(3)バイオナノ(ナノテクノロジーとバイオテクノロジーの学際領域)
・金属ナノ粒子の局在プラズモンを用いたバイオセンサーの形成(高萩)
・ダイヤモンドライクカーボン膜を用いた生体適合性薄膜形成(高萩)
・ナノ・マイクロ構造によるモータタンパク質の運動制御の研究(鈴木)
・ナノ粒子の凝集構造形成による光学特性制御(坂上)
東京農工大学 工学部電気電子工学科
高木研究室
情報光学

住所 東京都 小金井市 中町 2-24-16 東京農工大学 新 1 号館 N202 号室
研究内容
本研究室では、将来のメガネなしの立体テレビの実現を目指して研究を行っています。目に優しく快適に使用できる立体ディスプレイを実現し、医学用・設計用などのプロフェッショナル向けから家庭向けまで幅広い普及を可能にします
京都大学 工学研究科
三浦研究室
機器・デバイス光学

住所 京都府 京都市西京区 京都大学桂 工学部・大学院工学研究科
研究内容
超短パルスレーザーは、これまでのレーザーでは不可能であった様々な加工を可能にしてきました。当研究室ではこの超短パルスレーザーを用いた新しい3次元微細加工、回折限界を超えるナノ構造の作製、様々な透明材料への加工などによる新規機能性材料の研究を行っております。
この分野への社会のニーズは非常に高く、幅広い分野においてデバイス化に向けた研究開発が進められていますが、一方で超短パルス光と物質との相互作用については、いまだ解明されていない部分が非常に多く残されているのも事実であり、様々な研究を通してこれを解明していくことも、われわれの目的と考えております。