表示件数

研究室一覧

[135件中 71 - 80件表示]

独立行政法人 物質・材料研究機構
プラズモニクスグループ
近接場光学

住所 茨城県 つくば市 千現1-2-1
研究内容
表面プラズモンに関する研究は、基礎物理が解明された時代、表面増強ラマン散乱現象との関係が議論された時代など、何度かのブームを経て発展して来ました。2000年代に盛んになったプラズモニクスとは、現代のナノ加工技術を利用して表面プラズモンを高度に制御し、いよいよ私達の生活に役立てて行こうとする研究分野です。医療、環境、エネルギーなど、社会的な関心を念頭に置きながら、深くて独創的な研究を進めて行きたいと思います。
日本女子大学 今井研究室
今井研究室
計測光学

住所 東京都 文京区 目白台2-8-1
研究内容
ナノ半導体結晶および誘電体結晶を用いた光デバイス/色彩工学の研究/有機半導体の研究
北海道大学 電子科学研究所
光システム物理研究(笹木研究室)
光学新領域

住所 北海道 札幌市北区 北20条西10丁目
研究内容
本研究分野では光テクノロジーの究極を目指して、光の量子性・波動性をフルに活用した新しい概念に基づく光情報処理、光計測制御など、 新しい世代の光科学の研究に取り組んでいます。
神戸大学 分子フォトサイエンス研究センター
和田研究室
機器・デバイス光学

住所 兵庫県 神戸市灘区 六甲台町1-1 神戸大学自然科学研究棟4号館305号室
研究内容
超短パルスレーザーという道具を駆使して,分子の励起状態や化学反応を理解・制御していきたいと考えています。
京都大学 工学研究科 電気工学専攻
小林研究室
光学新領域

住所 京都府 京都市西京区 京都大学桂
研究内容
現在研究室で取り組んでいる主な研究テーマは下記のようなものである.
  1. 非侵襲高次脳機能計測とイメージング
  2. 視覚的認知・意識の脳内機構に関する実験的研究
  3. 機能的MRIと脳磁図/脳波の統合解析法の研究
  4. 拡散テンソルMRIを用いた精神疾患における白質病変の定量解析
  5. 超高感度光ポンピング原子磁気センサの開発と医用イメージング
  6. ブレイン・マシン・インターフェースの新手法開発と福祉工学
  7. 電界・磁界の数値計算法とその生体機能工学への応用
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科
情報機能素子科学研究室
機器・デバイス光学

住所 奈良県 生駒市 高山町8916-5
研究内容
研究領域は、ディスプレイや超LSIといった次世代情報機能素子です。
シリコン半導体を中心に、無機材料、有機材料、生体超分子など新しい材料を導入して、今までに無かった初めての素子を作ります。
東京農工大学 機械システム工学科
梅田研究室
生体・医用工学

住所 東京都 小金井市 中町2-24-16
研究内容
機械工学(メカニカルエンジニアリング)とナノテクノロジーとフォトニクス(光学)技術を 用いて「観る」「測る」「創る」「操る」技術開発を行っています。
関西学院大学 理工学部化学科
玉井研究室
近接場光学

住所 兵庫県 西宮市 上ケ原一番町1-155
研究内容
物質を小さくしていくと、どんなことが起こるでしょうか?例えば半導体は、見た目は真っ黒な固体ですが、ナノメートル(10の-9乗 m)オーダーまで小さくすると、七色に光るようになり、他にもたくさんの特徴的な現象を示すようになります。それらの光物性は大きさやサイズに依存して変化し、また逆に言うと大きさ、形状により物性を制御することができます。これらはいったいどのようなことが起きているのでしょうか??
 私たちは、半導体や貴金属のナノ構造体でどのような光化学が起きているのかを、フェムト秒パルスレーザーを使った時間分解分光により調べています。
大阪府立大学 工学研究科
石原研究室
光学新領域

住所 大阪府 堺市中区 学園町1番1号
研究内容
神戸大学 工学研究科
藤井グループ
近接場光学

住所 兵庫県 神戸市灘区 六甲台町1-1
研究内容
当メゾスコピック材料学研究室では、半導体、金属、誘電体を問わず多様な物質について、様々な機能を持つナノ構造を開発しています。さらに、作製したナノ構造に発現する新奇な光学的、電気的特性の解明を行う共に、それらの特性を利用した新機能性材料や光デバイスの提案を行っています。