表示件数

研究室一覧

[135件中 71 - 80件表示]

京都大学 工学部 大学院工学研究科
北野研究室
物理光学・光学基礎

住所 京都府 京都市西京区 A1-127
研究内容
本研究室では, 量子力学の特徴である重ね合わせ状態や, エンタングルド状態を利用し, 古典的な系では不可能な機能を実現することを目指しています. また, 高度に制御された原子や光の状態を利用した超精密計測技術の開発を行っています.
東海大学 光工学部・画像工学科
機器・デバイス光学

住所 神奈川県 平塚市 北金目四丁目1番1号
研究内容
20世紀は「電気と音声」の技術が生活を便利にしましたが、21世紀は「光と画像」の技術が 生活を快適にする時代。最先端の光・画像技術者の育成を目指します。
京都大学 理学研究科
光物質研究室(田中研)
光学新領域

住所 京都府 京都市左京区 北白川追分町京都大学大学院理学研究科物理学第一教室 光物性研究室 北部キャンパス構内の5号館1階
研究内容
テラヘルツ波などの新しい光源や超高速レーザーをもちいた新しい分光法を開発、駆使して、固体、液体などの凝縮状態の基底状態や励起状態、光エネルギーの変換過程を解明する。また、光と物質の相互作用を利用して新奇な物性を導く手法やそれに適した物質群の研究もおこなっている。
 現在進行中の研究プロジェクトは大きく分けて以下の5つである。
・光誘起相転移現象の解明
・超短パルスレーザーを用いた超高速過渡現象
・テラヘルツ放射をもちいた新分光法の開拓
・強誘電体や強磁性体の相転移現象を解明するための新しいレーザー分光法の開拓
・パルス磁気共鳴法による機能性発光材料の研究
・半導体における励起状態の量子現象
三重大学 工学研究科 電気電子工学専攻
オプトエレクトロニクス研究室
機器・デバイス光学

住所 三重県 津市 栗真町屋町 1577
研究内容
窒素物半導体の結晶成長と光制御技術・LED照明応用に関する研究を行っています。
大阪大学 生命機能研究科
ナノバイオフォトニクス研究室
近接場光学

住所 大阪府 吹田市 山田丘1-3
研究内容
私たちは、ナノテクノロジーとバイオロジー、さらにフォトニクスを融合したナノバイオフォトニクスと呼ぶべき分野の研究を行っています。走査プローブ技術に代表されるナノテクノロジー、種々の分光法や局在表面プラズモンなどのフォトニクスを駆使し、生体分子やDNAを超高感度かつナノ空間分解能でセンシングするテクノロジーとバイオロジー研究への展開を図っています。これまでの成果としては、近接場光学顕微鏡法によるナノ・イメージングシステムの提案・開発とその生体分子イメージングへの応用、高速走査ラマン散乱顕微鏡の開発、表面増強ラマン散乱 (SERS) による細胞内の分子ダイナミクスの観察等があります。ナノテクノロジーとフォトニクスの融合技術はこれまでに生態系へほとんど適用されておらず、今後、生命機能研究に大きく貢献することが期待されます。私たちは未踏の高大な研究領域の広がりを感じています。
独立行政法人 物質・材料研究機構
プラズモニクスグループ
近接場光学

住所 茨城県 つくば市 千現1-2-1
研究内容
表面プラズモンに関する研究は、基礎物理が解明された時代、表面増強ラマン散乱現象との関係が議論された時代など、何度かのブームを経て発展して来ました。2000年代に盛んになったプラズモニクスとは、現代のナノ加工技術を利用して表面プラズモンを高度に制御し、いよいよ私達の生活に役立てて行こうとする研究分野です。医療、環境、エネルギーなど、社会的な関心を念頭に置きながら、深くて独創的な研究を進めて行きたいと思います。
東京大学 東京大学大学院情報理工学系研究科
三尾研究室
計測光学

住所 東京都 文京区 本郷7-3-1
研究内容
東京工業大学 精密工学研究所
中村研究室
計測光学

住所 神奈川県 横浜市緑区 長津田町4259-R2-26
研究内容
超音波・光波を用いて他の方式では実現できないセンシング、アクチュエータを実現する
東京工業大学 総合理工学研究科
伊藤研究室
近接場光学

住所 神奈川県 横浜市緑区 長津田町 4259
研究内容
伊藤研究室では、原子を光でコントロールすることによってナノ寸法の物質をつくることを目指しています。
山形大学 大学院理工学研究科
佐藤研究室
生体・医用工学

住所 山形県 山形市 小白川町一丁目4-12
研究内容
(1) 生体組織などの多重散乱媒質に対する3次元光波断層画像測定に関する研究 (2) 光エレクトロニクスを用いた応用計測に関する研究