会社沿革

2008年8月 レーザーの最新情報をお届けするメールマガジン「最先端・光・レーザーニュース」発刊
2009年4月 ファイバレーザの普及と研究開発の促進を目的に、大阪府茨木市に合同会社光響を設立
(資本金300万円)
2009年5月 現在のオプティペディアの原型となるサービスを開始
2009年7月 光学、レーザー関連製品の販売取次開始
2009年5月 初の主催セミナー「ファイバーレーザーの基礎から応用」を開催
2010年4月 日本最大級の光関連の展示会「レーザーEXPO」に初出展。以来、毎年出展
2010年7月 技術コンサルティングサービスを開始、初の受注
2010年10月 経営コンサルティングサービス開始、初の受注
2011年1月 弊社執筆の著書「解説ファイバーレーザー -基礎編-」が株式会社オプトロニクス社より刊行
2011年3月 弊社オリジナル製品「モード同期Ybファイバレーザ キット」の販売を開始
2011年7月 合同会社光響から株式会社光響へ組織変更
2011年9月 大阪大学光科学センター主催「ファイバーレーザー合宿セミナー」を初運営
(以降、毎年開催)
2011年10月 京都市に営業所開設、資本金1000万円に増資
2012年2月 日本最大級の光産業B2Bサイト「JAPANOPTO」の運営を開始
2012年3月 レーザー、光学を学べるウェブサイト「オプティペディア」を大幅リニューアル
2012年3月 facebook上でレーザーにまつわるオリジナル小説「プリズム響」連載開始
2012年6月 営業所拡張
2012年7月 古物商許可を取得して、研究機関・企業の中古光学機器の取扱を開始
2012年9月 有料職業紹介事業の許可を取得
2012年10月 営業所拡張、資本金1500万円に増資
2012年10月 世界最大のファイバレーザの専門サイト「ファイバレーザ.JP」の運営を開始
2013年1月 光関連企業と研究室の紹介サイト「ヒカリク」の運営を開始